特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

がん検診、盛岡・秋田断念 今年度、コロナ対策できず 74市区調査

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

患者団体「発見遅れる」

 全国の自治体が健康増進法に基づき実施しているがん検診について、毎日新聞が道府県庁所在市と政令市、東京23区の計74市区にアンケートしたところ、盛岡、秋田の両市だけが、新型コロナウイルスの影響で一部検査を実施できないまま、今年度の実施を断念したことが判明した。厚生労働省は、コロナ禍でも原則実施を求めている。患者団体などは「がんは早期の発見と治療が重要。検診がなければ発見が遅れる」と懸念している。

 毎日新聞は10月、74市区に文書でアンケートを実施し、すべてから回答を得た。「新型コロナの影響で、本来予定していたがん検診の実施を中止または延期しているか」と選択式で尋ねたところ、中止または延期したのは68の自治体で、このうち「既に再開している」としたのは65自治体に上った。「実施を検討している」と回答した東京都墨田区は、12月からの実施で調整しているという。

この記事は有料記事です。

残り1488文字(全文1880文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集