プロ野球 パ・クライマックスS ソフトバンク6-4ロッテ 中村晃連発、タカ突破 反撃、逆転 熱男も続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)は15日、福岡ペイペイドームで第2戦があり、3年ぶりにリーグ優勝したソフトバンクが、同2位のロッテに6―4で2連勝し、1勝のアドバンテージを含めた対戦成績を3勝として、4年連続20回目(南海、ダイエー時代を含む)の日本シリーズ進出を決めた。

 CS4連覇は史上初で、昨年のCSから続くポストシーズンの連勝を12に伸ばした。最優秀選手には2本塁打のソフトバンク・中村晃が選ばれた。ロッテは10年ぶり7回目の出場を逃した。

 ソフトバンクは21日に京セラドーム大阪で開幕する日本シリーズでセ・リーグ覇者の巨人と対戦する。2年連続12回目の顔合わせで、過去は巨人が9回制している。ソフトバンクは4年連続11回目、巨人は8年ぶり23回目の日本一を目指す。

この記事は有料記事です。

残り1510文字(全文1857文字)

あわせて読みたい

注目の特集