野口さん搭乗「クルードラゴン」打ち上げ成功 民間主導の有人宇宙船の運用本格化

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 米宇宙企業のスペースXは米東部時間15日午後7時27分(日本時間16日午前9時27分)、野口聡一さん(55)ら4人の宇宙飛行士が搭乗する新型宇宙船「クルードラゴン」を米フロリダ州のケネディ宇宙センターからファルコン9ロケットで打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう軌道投入に成功した。16日午後11時(日本時間17日午後1時)、ISSに到着する。民間企業が主体となって開発した有人宇宙船の本格的な運用が始まった。

 野口さんの宇宙飛行は3回目。2005年に米スペースシャトル、09~10年にはロシアのソユーズ宇宙船に搭乗してISSと地球を往復しており、3種類の異なる宇宙船に搭乗した史上3人目の飛行士となる。今回はISSに約半年間、滞在する。

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文951文字)

あわせて読みたい

ニュース特集