メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染

新年一般参賀、中止で調整 宮内庁、コロナ拡大踏まえ

 令和初の新年一般参賀で、集まった人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下と皇族方=1月2日、宮殿・長和殿

 宮内庁は、来年1月に予定されている新年恒例の一般参賀について、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、中止する方向で調整していることが16日、宮内庁関係者への取材で分かった。取りやめは昭和天皇の服喪中で開催されなかった1990年以来となる。

 今年2月に予定されていた天皇誕生日の一般参賀も、新型コロナの影響で実施直前に中止となっていた。一般参賀は全国から多くの人が集まるほか、限られた場所に人が密集することから、宮内庁が実施の可否を慎重に検討していた。

 新年の一般参賀は例年1月2日に行われている。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです