メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カプコン、個人情報35万件流出か 氏名や住所、開発資料も サイバー攻撃

サイバー攻撃を受けたカプコンの本社=大阪市中央区で2020年11月11日午後3時51分、森口沙織撮影

 大手ゲーム会社「カプコン」(大阪市中央区)がサイバー攻撃を受けた問題で、同社は16日、最大約35万件の個人情報や、同社の内部情報、取引先企業に関する情報など、大量の機密情報が外部に流出した可能性があると発表した。「ランサムウエア」と呼ばれる身代金要求型のウイルスが使われたという。通報を受けた大阪府警が、同社から経緯を聞くなどして捜査を始めた。

 カプコンによると、流出した可能性があるのは、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど国内外の顧客情報(約15万2000件)▽所有株式数や氏名などの株主情報(約4万件)▽顔写真など採用応募者の情報(約12万5000件)▽社員や関係者の個人情報(約1万4000件)▽売り上げや営業資料、開発資料など社内の機密情報――など。顧客情報には、国内のゲーム利用者や北米のウェブサイト会員情報が含まれるという。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです