メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「京」は駅名からも引退 神戸のポートライナー 「計算科学センター」駅に

駅名が変更される京コンピュータ前駅=神戸市中央区港島前町7で、峰本浩二撮影

 神戸新交通(神戸市中央区)は17日、運行するポートライナーの「京(けい)コンピュータ前駅」の名称を2021年6月から「計算科学センター駅」に変更すると発表した。現駅名は19年に撤去された理化学研究所のスーパーコンピューター「京」にちなんでおり、動向が注目されていた。後継機の「富岳」は副駅名で採用する。

 新駅名は「計算科学センター駅(神戸どうぶつ王国・「富岳」前)」。理研のほか、兵庫県立大や神戸大など計算科学分野の研究機関が集まっていることにちなんだ。約7000万円をかけて案内標識や運行システム、券売機の改修などの準備を進める。

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです