メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

コロナ禍とひきこもり=小国綾子

10月27日、東京都内で開かれた「ひきこもりUXデイ・キャンプ」では、当事者・経験者と支援者が対等な立場で、安心できる「居場所」づくりについて話し合った=小国綾子撮影

 世界中が“ひきこもる”ことを求められたコロナ禍で、ひきこもりの当事者はどんな思いをしていたんだろう。当事者・経験者らで作る一般社団法人「ひきこもりUX会議」(東京)を訪ねた。

 「UX」はユニーク・エクスペリエンス(固有の体験)。女性が体験を分かち合える居場所を作ろうと、4年前から「ひきこもり女子会」を100回以上開いてきた。参加者は延べ4000人以上。家事手伝いや主婦という言葉に隠され「見えない存在」だった女性のひきこもりに光を当てた「女子会」は、多くの当事者にとって大切な「居場所」となっていた。

 ところがこの春、コロナ禍で事態は一変。UX会議の「女子会」などの当事者会は軒並み開けなくなってしまった。苦肉の策として登場したのが、オンライン会議システムを使った当事者会だ。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文946文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  5. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです