メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

演出家 宮本亞門/1 がんから復帰「生きる」

宮本亞門=東京都目黒区で2020年11月2日、竹内紀臣撮影

 ミュージカル「生きる」(各地で上演中)は、胃がんで余命半年と知った定年間近の男が生きがいを見いだし、平凡な日常から踏み出すさまを描く。黒澤明監督の同名映画がもとになっており、2018年の初演に続き今年の再演も演出は宮本亞門が手がけた。「僕ががんになった理由を見つけるとすれば、この再演をするためだったと思う」。昨年、早期の前立腺がんが見つかった。

 再演は演出を少し変えた。がんだと悟る場面で、主人公をダブルキャストで演じる市村正親と鹿賀丈史に「もっと自分勝手に。生々しく怒りや混乱を出しましょう」と提案した。自身の経験からだった。「みんなの深刻な表情はなに? 大勢いるのになんで僕なんだ。悪いことなんてしていないのに」と感情がごちゃ混ぜになって噴き出した。ただ深刻に、観客の同情を誘って泣かせるだけの場面にはしたくなかった。「いろんな感情があふれ…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです