メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の記念碑

演出家 宮本亞門/1 がんから復帰「生きる」

宮本亞門=東京都目黒区で2020年11月2日、竹内紀臣撮影

 ミュージカル「生きる」(各地で上演中)は、胃がんで余命半年と知った定年間近の男が生きがいを見いだし、平凡な日常から踏み出すさまを描く。黒澤明監督の同名映画がもとになっており、2018年の初演に続き今年の再演も演出は宮本亞門が手がけた。「僕ががんになった理由を見つけるとすれば、この再演をするためだったと思う」。昨年、早期の前立腺がんが見つかった。

 再演は演出を少し変えた。がんだと悟る場面で、主人公をダブルキャストで演じる市村正親と鹿賀丈史に「もっと自分勝手に。生々しく怒りや混乱を出しましょう」と提案した。自身の経験からだった。「みんなの深刻な表情はなに? 大勢いるのになんで僕なんだ。悪いことなんてしていないのに」と感情がごちゃ混ぜになって噴き出した。ただ深刻に、観客の同情を誘って泣かせるだけの場面にはしたくなかった。「いろんな感情があふれ…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文745文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  4. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  5. 全国で新たに5320人感染確認 死者は最多の104人 重症者は初の1000人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです