メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

14歳の君へ

わたしたちの授業 理科 夢中になれば道、開ける 今回の先生 サイエンスプロデューサー 米村でんじろうさん

 全国の中学生に、さまざまな分野で活躍する人が語る「授業」の「理科」の先生はサイエンスプロデューサーの米村でんじろうさん。「科学は人の役に立つが、面白い面もあることを理科で感じてほしい。難しいから少し分かれば十分」と話す。米村さんは「子どもの時から大好きだった実験を今も続けている。一つのことに夢中になれば道は開ける」と強調する。

 ぼくは千葉県の山村で育ちました。外遊びが中心で、わなを仕掛けて野鳥や魚を捕ったり、竹細工をしたりしました。

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女湯侵入容疑で広島県職員を逮捕 化粧し女性用かつら着用

  2. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

  3. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  4. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです