メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手塚塾

案内人・二階堂黎人さん/15 ぼくの孫悟空 ギャグに笑いころげ

 仙人のもとに弟子入りにきた孫悟空(「ぼくの孫悟空 第2章」よりⓒTEZUKA PRODUCTIONS)

 <TEZUKA-JUKU>

 手塚治虫先生の「ぼくの孫悟空」という作品は、中国の有名な古典的小説「西遊記」を、愉快にマンガ化したものです。

 主人公は、大きな石の中から生まれたサルの孫悟空。仙人の使う術を覚えた孫悟空は、地上や天界で大あばれし、おシャカさまにつかまります。そして、罪ほろぼしのため、天竺(インド)へ、お経をとりに行く三蔵法師の弟子となり、猪八戒、沙悟浄らと共に、長くて、危険な旅に出るのです。その道中には、恐ろしい妖怪や化け物がいて、次々に襲いかか…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです