メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「映える」仏壇を考案 ステンドグラス使い壁掛け式 湯沢の職人、技術継承も見据え /秋田

製作した仏龕を手にする佐藤健一さん=秋田県湯沢市で

 和風ステンドグラスの観音開きの先には、お釈迦(しゃか)様――。仏間のない現代住宅にもなじむ壁掛け式仏壇「仏龕(ぶつがん)」を、湯沢市の仏壇職人、佐藤健一さん(52)が考案した。「映える」デザインで若者受けを狙う一方、職人技術の継承も見据えた新たなチャレンジだ。

 きっかけは約5年前、新聞でキリスト教の聖画を納める容器「聖龕」を目にしたことだった。試作を経て秋田市のステンドグラス作家に協力を仰ぎ、本来キリストやマリアの聖画を飾る位置に、仏画を…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです