ジョン・レノン夫妻の軌跡たどる 直筆、楽器など100点 六本木でアート展 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会場を訪れた宮永正隆さんは「二人はアーティストとして対等で理想的なパートナーシップを築いた」と話す=港区六本木で
会場を訪れた宮永正隆さんは「二人はアーティストとして対等で理想的なパートナーシップを築いた」と話す=港区六本木で

 ビートルズの元メンバー、故ジョン・レノンさん(1940~80年)の生誕80年の今年、レノンさんと妻オノ・ヨーコさん(87)の軌跡をたどるアート展が港区のソニーミュージック六本木ミュージアムで開かれている。

 タイトルは「ダブル・ファンタジー ジョン&ヨーコ」。レノンさんの故郷、英リバプールで2018年5月から開催され、約70万人を動員した展覧会の東京展だ。二人の生い立ちや出会い、レノンさんが銃弾に倒れるまでを年代順に追い、アートや直筆の歌詞、楽器、息子のシ…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文577文字)

あわせて読みたい

注目の特集