メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと東日本・旅する・みつける

千葉県香取市 佐原の町並み 地域で保存、伝統的建造物 北総の小江戸と称され /東京

江戸時代から昭和初期の伝統的建造物が残る佐原の町並み=千葉県香取市佐原で

 千葉県東北部に位置する香取市。市内の佐原地区は北総の小江戸と称され、小野川と香取街道沿いには、利根川の水運で栄えた江戸時代から昭和初期の伝統的建造物が並ぶ。訪れる観光客も多く、洗練された雑貨店やレストランも増えている。柳が風に揺れ、川舟が行き交う街道沿いをのんびりと散策した。【近藤卓資】

 昔ながらのそば屋、呉服店、酒店……。落ち着いた趣のある佐原の町並みは、ドラマの時代劇のセットのよう。年間約60万人が訪れ、成田空港から近いこともあり、コロナ感染症拡大の前は外国人観光客も多かった。

 佐原は江戸時代に利根川の水運を利用して河港商業都市として栄えた。廻米(かいまい)、酒造などの一大拠点で、小野川の河岸は「お江戸見たけりゃ佐原へござれ、佐原本町江戸まさり」とうたわれるほどだった。

この記事は有料記事です。

残り1155文字(全文1497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです