北杜市長選/北杜市議選 市長に上村氏 県内最年少首長誕生 初当選、107票差 /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
初当選を決め、支援者らと万歳をする上村英司氏(中央)=山梨県北杜市で2020年11月15日午後11時44分、金子昇太撮影
初当選を決め、支援者らと万歳をする上村英司氏(中央)=山梨県北杜市で2020年11月15日午後11時44分、金子昇太撮影

 15日投開票された北杜市長選は、新人で会社役員の上村英司氏(50)が、新人で元県議の大柴邦彦氏(62)▽現職の渡辺英子氏(74)▽新人で元市議の池田恭務氏(47)――の3人を破り、初当選を果たした。次点の大柴氏とはわずか107票差だった。上村氏は県内最年少の首長となる。【梅田啓祐、金子昇太】

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1623文字)

あわせて読みたい

ニュース特集