メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢神宮書道展 入賞者が決まる /山梨

三浦俊峰さんの受賞作品

 第59回伊勢神宮奉納書道展(毎日新聞社、伊勢神宮崇敬会主催)の入賞者が決まった。全国から1万6430点の応募があり上位入賞554点は、三重県伊勢市の伊勢神宮内宮参集殿で25日から12月4日まで展示される。最高賞(文部科学大臣賞、伊勢神宮奉納書道展総裁賞、毎日新聞大賞)に続く県内上位者は次の皆さん。(敬称略)

 毎日新聞社賞=角田繭璃(駿台甲府中1年)、丹沢凜(山梨学院中2年)、堀内彩夏(笛吹市立御坂中3年)▽伊勢神宮崇敬会賞=杉本龍峰(甲府市)

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです