警察官に英語の講義 民間の語学学校講師招き 東京五輪・パラ開催見据え /長野

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「エートゥーゼット松本校」の英国人講師(右端)による英語の講義を受ける警察官ら=長野市三輪1の長野中央署で2020年11月16日午前10時16分、皆川真仁撮影
「エートゥーゼット松本校」の英国人講師(右端)による英語の講義を受ける警察官ら=長野市三輪1の長野中央署で2020年11月16日午前10時16分、皆川真仁撮影

 県警教養課は16日、民間の語学学校の講師を招き、通訳に従事する警察官らを対象とした英語の講義を実施した。東京オリンピック・パラリンピック開催も見据え、外国人とのコミュニケーションの円滑化を図るため今年度から始めた試み。

 講師は外国語専門学校「エートゥーゼット松本校」(松本市)の元警察官の英国人講師ら2人に委託。今年度は全5回開催…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

ニュース特集