メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙芝居で森林学ぼう 森林管理局職員、矢放さんが作成 特技生かし「雨水のぼうけん」鮮やかに /滋賀

オリジナル紙芝居「雨水のぼうけん」を作った矢放七海さん=大阪府箕面市の明治の森箕面国定公園で、本人提供

 子供たちに森と水の関係を楽しく学んでほしいと、近畿中国森林管理局箕面森林ふれあい推進センター(大阪市北区)の職員、矢放七海(やはなしななみ)さん(25)=京都府京田辺市=がオリジナル紙芝居「雨水のぼうけん」を作った。子供だけで無く大人にも利用してもらおうと同森林管理局のホームページ(HP)で公開、各地の森林教室などで活用され評判となっている。

 小学生のユウちゃんが祖母の家で飲んだ水道水のおいしさに感動。ユウちゃんは雨粒の妖精になって森に降りそそぎ、土の中に入ってさまざまな体験をしながら、水のおいしさの秘密を知るというストーリー。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文664文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  3. 大阪ガスが反撃 ホンダと6点差に 西脇、本塁打の次は適時二塁打 都市対抗 

  4. ホンダ猛攻 三回に3ランなどで一挙11得点 大阪ガスも大会5号 都市対抗

  5. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです