メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹波市長選/丹波市議選 市長選、林氏が初当選 「職員、市民から話聞く」 /兵庫

当選が確実となり、万歳する林時彦氏(中央)=丹波市春日町黒井で2020年11月15日午後10時11分、幸長由子撮影

 任期満了に伴う丹波市長選・市議選(定数20)は15日、投開票された。開票作業は深夜まで続き、市長選は、元市議会議長の新人、林時彦氏(66)が現職の谷口進一氏(67)=自民・公明推薦=と元県職員の新人、岩崎政義氏(65)を抑え、初当選を果たした。当選から一夜明けた16日、同市氷上町で記者会見した林氏は「職員や市民から話を聞くことができる市長でありたい」と意欲を語った。

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1296文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. NHK森下経営委員長、続投へ かんぽ報道で番組介入疑い 資質疑問視する声も

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです