メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

坂田栄治さん=相撲映画を独自に製作したテレビマン

坂田栄治(さかた・えいじ)さん(45)

 「この迫力は、テレビでは伝えきれない。大きな画面と音が伴う映像として記録する意味がある」。TBSの社員ながら、現在公開中のドキュメンタリー映画「相撲道」を独自に製作、監督したのは、相撲部屋の見学がきっかけだった。

 プロデューサー、総合演出として数々の人気番組を生み出してきたが、40歳を超えた頃から何か新しい挑戦をしなければと思っていた。番組出演者の紹介で訪れた境川部屋の朝稽古(げいこ)を見て、強い衝撃を受けた。体の大きい力士が我先に土俵を奪い合う張り詰めた緊張感、立ち合いで頭からぶつかる鈍い音の響き、一瞬の静けさ、気合……。

 映画製作の企画を会社に持っていったが「ビジネスとして難しい」と却下され、「じゃあ、自分でやります」と副業を申請した。2018年12月から約半年、土日や有給休暇を充て、製作費は自腹を切り、協賛企業を探して調達。境川部屋に加え高田川部屋にも密着取材した。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催「米国次第」 組織委理事の高橋治之氏が発言と米紙報道

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです