メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放射性物質飛散を検証 「黒い雨」対象区域見直し 厚労省検討会

 広島への原爆投下後に降った「黒い雨」を巡り、厚生労働省は16日、援護対象区域を見直すための有識者検討会(座長=佐々木康人・湘南鎌倉総合病院放射線治療研究センター長)の初会合を開いた。気象シミュレーションを使った放射性物質の飛散分布の検証や、被爆者約5万人分のカルテを基にした健康被害調査など、五つの作業部会を設置することを決めた。年度内にも作業部会を始動させ、検証結果を踏まえ、検討会が意見をまとめる。

 作業部会の一つは、2010年代にヨーロッパで新たに整備された地球全体の気象データなどから、原爆投下後の気象状況を再現するモデルを作る。降雨や放射性物質の飛散状況を検討し、人への影響を推計する。また、土壌の放射性物質の量を調べたり、米国公文書館などの当時の気象状況を示す文献を調べたりする作業部会もそれぞれ設ける。

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1245文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです