メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンガリーとポーランド、EU復興基金承認を拒否 条件の「法の支配」巡り反発

ブリュッセルの欧州委員会本部ビル

 新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた加盟国を支援する欧州連合(EU)の「復興基金」を巡り、ハンガリーとポーランドは16日、大使級会合でこの基金を組み込んだ次期中期予算(2021~27年)案の承認手続きへの同意を拒んだ。権力の乱用を防ぐため「法の支配」が順守されているかどうかを資金配分の条件とする仕組みに反発した。予算案には加盟27カ国による全会一致の承認が必要で、21年1月に予定されている復興基金の運用開始が遅れる恐れが強まった。

 EUは19日にオンライン形式の首脳会議を開く予定で、この会議で今後の対応を協議するとみられる。

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです