メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏、イラン攻撃の具体案要求か 大統領選「敗北」後 米紙報道

ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は16日、トランプ大統領が大統領選での敗北が確実となった後に、対立するイランの核関連施設を攻撃するための具体案の提示を政権幹部に求めたと伝えた。ペンス副大統領ら幹部は大規模な軍事衝突に発展する可能性があるとして止めたとしている。

 同紙によると、トランプ氏は12日、ホワイトハウスでペンス氏やポンペオ国務長官、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長らとイラン対応を協議。トランプ氏は…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. クローズアップ 自殺者、11年ぶり増加 思い詰める前に相談を コロナ禍、女性と若者顕著

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです