メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワクチン接種を「参加条件とせず」 IOC会長 観客も「義務ではない」

 国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は17日、来夏の東京オリンピック・パラリンピックに新型コロナウイルスのワクチン開発が間に合った場合、選手ら参加者に接種を勧めるが、義務化はしない考えを強調した。「安全のため接種を呼びかけるが、大会への参加条件とはしない」などと述べた。東京都内の選手村と主会場の国立競技場を視察後、報道陣の取材に応じた。

 五輪には200カ国・地域超から選手約1万1000人の出場が見込まれており、その滞在拠点となる選手村は感染リスクが懸念される。視察したバッハ氏はワクチンについて「特に選手村で過ごす人には接種を勧める。ただ、大会への参加条件にするのは行き過ぎだ。安全、健康、他の選手らへ尊厳の念を表すためにも呼びかけるが、いろいろな要素があり、裁量に任せる」との考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです