木造建築の工匠、無形文化遺産に ユネスコ機関が登録勧告

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
建造物彩色などの技術が施された日光東照宮の陽明門=栃木県日光市で2019年12月
建造物彩色などの技術が施された日光東照宮の陽明門=栃木県日光市で2019年12月

 文化庁は17日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の評価機関が、宮大工や左官職人ら、たくみが継承する「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」を無形文化遺産に登録するよう勧告したと発表した。12月14~19日にオンライン開催されるユネスコ政府間委員会で正式に登録が決まる見通しだ。

 対象は木工や左官など17分野の技術。瓦屋根やかやぶき屋根、建具や畳の製作のほか、建物の外観や内装に施す装飾や彩色、漆塗りも含まれる。木や草、土といった自然の素材で地震や台風に耐える構造をつくり、奈良・法隆寺に代表される日本の伝統的な建築文化を支えてきたとされる。

 勧告は、古くから大工の棟梁(とうりょう)らが「弟子を鍛え、知識や技術を伝えてきた」と評…

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1198文字)

あわせて読みたい

注目の特集