メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学生の就職内定率69.8% 5年ぶり70%割れ、リーマン後に次ぐ下落幅

3月、合同会社説明会に向かう就職活動の学生=東京都内

[PR]

 来春卒業予定で就職を希望する大学生の10月1日時点の内定率は前年同期比7・0ポイント減の69・8%で、リーマン・ショック後の2009年のマイナス7・4ポイントに次ぐ下落幅となったことが17日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。この時期としては5年ぶりに70%を下回り、新型コロナウイルスの影響が鮮明になった。

 文理別では、文系が68・7%(7・5ポイント減)で、理系74・5%(4・8ポイント減)より落ち込みが目立った。

 厚労省の担当者は「就職説明会が中止になるなど情報収集や相談の機会が減っており、支援に努めたい」としている。(共同)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. ゴーン被告「恣意的な拘禁」 国連作業部会が意見書 日本政府は異議申し立て

  3. NYダウ、一時300ドル超高 ワクチン開発進展の期待で

  4. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです