大学生の就職内定率69.8% 5年ぶり70%割れ、リーマン後に次ぐ下落幅

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
3月、合同会社説明会に向かう就職活動の学生=東京都内
3月、合同会社説明会に向かう就職活動の学生=東京都内

 来春卒業予定で就職を希望する大学生の10月1日時点の内定率は前年同期比7・0ポイント減の69・8%で、リーマン・ショック後の2009年のマイナス7・4ポイントに次ぐ下落幅となったことが17日、文部科学、厚生労働両省の調査で分かった。この時期としては5年ぶりに70%を下回り、新型コロナウイルスの影響…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

あわせて読みたい

注目の特集