メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原因今なお不明 住民から工事再開恐れる声 東京・調布の市道陥没1カ月

陥没した住宅街の道路=東京都調布市で2020年10月18日午後2時41分、本社ヘリから玉城達郎撮影

 東京都調布市の住宅街で起きた市道陥没から18日で1カ月となる。直下の大深度では東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事が行われており、施工者のNEXCO東日本が因果関係を調べているが、調査は12月半ばまでかかる予定で、原因は今なお不明だ。周辺住民は、陥没発生前から工事による振動があったとしており、工事再開を恐れる声を上げる。

 15日、住民ら約20人による集会が開かれ、地下で工事が行われていた9月ごろに振動に悩まされたことや、家の外壁にひびが入るといった被害があったことが報告された。現場に近い同市若葉町1の河村晴子さんは「大深度の工事は地権者に影響を及ぼさないと信じていたので、ビンビンと異様な振動があり驚いた」と語る。自宅を売却して老人ホームに移ることを検討しているという高齢女性は「(資産価値が下がって)売りにくいと言…

この記事は有料記事です。

残り1109文字(全文1473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです