メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クイーンズ駅伝2020注目選手

ワコール・一山麻緒 マラソン現役最速、駅伝では1区のスペシャリスト

名古屋ウィメンズマラソンで1位でフィニッシュする一山麻緒=名古屋市東区のナゴヤドームで2020年3月8日、兵藤公治撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第40回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社、TBSテレビ、宮城県など共催、東京エレクトロン特別協賛)が11月22日、宮城県で行われる。東日本大震災直後に始まった宮城開催は今年で10回目で、22チームが参加。「女子駅伝日本一」の座を目指す注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

一山麻緒(23)=ワコール

 3月の名古屋ウィメンズマラソンで日本歴代4位、日本選手の国内最高記録を塗り替える2時間20分29秒で初優勝を果たした。2019年3月の初マラソンからわずか1年で日本選手の「現役最速」となり、女子マラソン界の「顔」の一人へと成長した。

 その後は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、練習場所が河川敷に限られた時期もあった。「窮屈な感じはやっぱりあったし、いつまでこの状態が続くのかなという不安もあった」と当時の胸の内を明かす。…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文925文字)

新井隆一

毎日新聞大阪本社運動部。1977年、東京都生まれ。2001年入社。大阪運動部、松山支局、姫路支局相生通信部を経て、07年秋から大阪、東京運動部で勤務。リオデジャネイロ五輪、陸上世界選手権(モスクワ、北京、ロンドン)、ラグビーワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会などを取材。高校野球の監督経験もある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです