メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『ふるさと東京 今昔散歩』『風景と自由 天野健太郎句文集』ほか

今週の新刊

◆『ふるさと東京 今昔散歩』坂崎幸之助・生田誠 著(フォト・パブリッシング/税別1500円)

 日本の絵はがきは、明治33年に私製はがきの国内使用が許可され、一般に普及。日露戦争のプロパガンダ、広告、観光などさまざまな分野で大衆に広まっていった。

 坂崎幸之助・生田誠『ふるさと東京 今昔散歩』は、古い絵はがきに写された町を、現在の町並みと比べ鑑賞する試み。その第1巻は「浅草編」。生田が所蔵する画像を開陳し、絵はがき仲間の坂崎が協力して生まれたムック本だ。

 浅草は戦前まで東京随一の盛り場で、江戸の名残のある浅草寺を中心に、雷門、十二階、花やしき、映画演劇の興行街が並ぶ夢の殿堂であった。仲見世一つとっても、明治期から昭和戦前期と戦後期ほか複数の絵はがきを掲載する。まだモノクロ時代、着色されることで、風景が鮮やかで優雅だ。

この記事は有料記事です。

残り1476文字(全文1842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです