特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

「ノーサイド」物語は続く 伝説の決勝モデル、ユーミンの名曲 優勝選手の長男、相手校で成長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大分舞鶴時代に父親と同じNO8として出場した花園で、トライを決める中尾泰星さん=東大阪市花園ラグビー場で2016年12月28日、小松雄介撮影
大分舞鶴時代に父親と同じNO8として出場した花園で、トライを決める中尾泰星さん=東大阪市花園ラグビー場で2016年12月28日、小松雄介撮影

 高校ラグビー史に刻まれた名勝負をモチーフにしたとされる松任谷由実さんの名曲「ノーサイド」。モデルとなったのは、第63回全国高校ラグビー大会(1983年度)の天理―大分舞鶴による決勝だった。2点差の接戦を制した当時の天理FWで、同志社大ラグビー部副部長の中尾晃さん(53)には名曲の続きがあった。「たまたま流れでそうなった」という親子の縁は、思わぬ展開を描いた。

この記事は有料記事です。

残り1418文字(全文1599文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集