メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/154 澤田瞳子 画 村田涼平

 額田(ぬかた)たちの姿に、「おお。あれだ、あれだ」「ようやくお着きか」と口々に言って立ち上がる男たちは、揃(そろ)って真新しい袍(ほう)に錦の頭巾をいただき、髭(ひげ)や髪にも綺麗(きれい)に櫛目(くしめ)が通っている。とはいえそれが近江国府からの迎えとも見えぬのは、腰の屈(かが)まった老爺(ろうや)や十四、五歳の少年までが混じっているためだ。

「お待ちしておりました。わたくしはあれなる大友(おおともの)郷に暮らす大友村主(すぐり)(大友氏の首長)でございます。中臣(なかとみの)鎌足(かまたり)さまのご下命を受け、本日より滋賀郡をご案内いたします」

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです