メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

天野健太郎さんが句文集 日常から無限の世界へ 台湾文学翻訳家、生前準備し刊行

書影「風景と自由」=東京都千代田区で2020年10月29日

 台湾文学翻訳家の故・天野健太郎さんが生前書きためていた俳句とエッセーをまとめた『風景と自由 天野健太郎句文集』(2200円)が、新泉社から刊行された。作者が胸を震わせた光景が、読む者の心に直接飛び込んでくるような句集だ。

 天野さんは2018年11月に47歳で亡くなった。その直前には邦訳を手がけた呉明益さんの長編小説『自転車泥棒』(文芸春秋)が刊行されたばかり。急逝には誰もが驚いた。多くの人が、天野さんが亡くなって初めて膵臓(すいぞう)がんを患っていたと知ったからだ。同時に知ったのが、俳句を作っていたことだった。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです