連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

天野健太郎さんが句文集 日常から無限の世界へ 台湾文学翻訳家、生前準備し刊行

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
書影「風景と自由」=東京都千代田区で2020年10月29日
書影「風景と自由」=東京都千代田区で2020年10月29日

 台湾文学翻訳家の故・天野健太郎さんが生前書きためていた俳句とエッセーをまとめた『風景と自由 天野健太郎句文集』(2200円)が、新泉社から刊行された。作者が胸を震わせた光景が、読む者の心に直接飛び込んでくるような句集だ。

 天野さんは2018年11月に47歳で亡くなった。その直前には邦訳を手がけた呉明益さんの長編小説『自転車泥棒』(文芸春秋)が刊行されたばかり。急逝には誰もが驚いた。多くの人が、天野さんが亡くなって初めて膵臓(すいぞう)がんを患っていたと知ったからだ。同時に知ったのが、俳句を作っていたことだった。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1407文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集