メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

天野健太郎さんが句文集 日常から無限の世界へ 台湾文学翻訳家、生前準備し刊行

書影「風景と自由」=東京都千代田区で2020年10月29日

 台湾文学翻訳家の故・天野健太郎さんが生前書きためていた俳句とエッセーをまとめた『風景と自由 天野健太郎句文集』(2200円)が、新泉社から刊行された。作者が胸を震わせた光景が、読む者の心に直接飛び込んでくるような句集だ。

 天野さんは2018年11月に47歳で亡くなった。その直前には邦訳を手がけた呉明益さんの長編小説『自転車泥棒』(文芸春秋)が刊行されたばかり。急逝には誰もが驚いた。多くの人が、天野さんが亡くなって初めて膵臓(すいぞう)がんを患っていたと知ったからだ。同時に知ったのが、俳句を作っていたことだった。

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです