メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノルディックジャンプ・高梨沙羅選手、弘大院に 医学研究科、競技と並行し /青森

高梨沙羅選手=山形市役所で2018年10月10日、江連能弘撮影

 ノルディックスキー・ジャンプで平昌五輪銅メダルの高梨沙羅選手(24)が弘前大大学院医学研究科に10月から所属していることがわかった。同大がホームページで公表した。今後は2022年の北京五輪を目標に競技を続けながら、スポーツ医科学の視点から競技力向上とけがの予防などについての研究を進める。

 指導教員の中路重之特任教授によると、高梨選手は約…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  2. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

  3. 大阪で新たに326人感染 死者は12人で1日当たり過去最多 新型コロナ

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです