特集

日本音楽コンクール

毎日新聞デジタルの「日本音楽コンクール」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

日本音コン

日本音コン 作曲部門 入賞3作、演奏・収録 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第89回日本音楽コンクール作曲部門1位の波立裕矢さん=東京都渋谷区で2020年11月11日、北山夏帆撮影
第89回日本音楽コンクール作曲部門1位の波立裕矢さん=東京都渋谷区で2020年11月11日、北山夏帆撮影

1位・波立さん「うねるような重力表現」

2位・冷水さん「生みの苦しみ後の希望」

3位・原島さん 主役の「錦琵琶」自ら演奏

 第89回日本音楽コンクール(毎日新聞社・NHK主催)の作曲部門(オーケストラ作品)で都内に在学・在住する3人が入賞を独占し、このほど3作の演奏と収録が行われた。

 1位は波立裕矢(はりゅう・ゆうや)さん(25)=東京芸大大学院=の「模細工(もざいく)状の蝶(ちょう)・重力Ⅳ」。「ショパンの練習曲『蝶々』やラベルの『蛾(が)』などの引用をモザイクのように組み立て、有機的に膨らませて、うねるような重力を表現したかった」という。

 2位も東京芸大大学院の冷水乃栄流(ひやみず・のえる)さん(23)。作品「TOKYO REQUIEM(レクイエム)」は、「効率主義が極まった世界の傷をありのままに見つめ、『生みの苦しみ』の後に来る希望」をテーマにした。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文706文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る