メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊那小の教育考える 熊本大准教授ら、オンラインで討論 /長野

伊那小を題材にしたオンラインイベントの様子=Zoomから

 約40年前から総合学習に力を入れている伊那市立伊那小(同市山寺)を題材に、これからの教育や地域について考えるイベントが、このほどオンラインで開かれた。参加した苫野一徳・熊本大准教授(哲学・教育学)は「伊那小に学びながら少しずつ学校システムを変えていかないといけない」と強調した。

 イベントは、市地域創造課移住・定住相談窓口の主催。同小は、通知表や時間割がなく、チャイムも鳴らないことで知られ、動物の飼育や作物の栽培などクラスごとに…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです