うきは愛、マスクケースに 包装資材会社が製作・寄贈 桜並木や棚田、市内名所デザイン /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
うきは市の名所などがデザインされたマスクケースを手にする(左から)高木市長、母里社長、うきぴー
うきは市の名所などがデザインされたマスクケースを手にする(左から)高木市長、母里社長、うきぴー

 美しい桜並木や棚田など、うきは市の名所をデザインしたマスクケースを、平野屋物産(大野城市)が製作し17日、4000枚をうきは市に寄贈した。一般販売は21日から始まる。

 同社は包装資材の製造・販売を手がけ、工場がうきは市にある縁で考案した。デザインは12種類。巨瀬川沿いの流川桜並木やつづら棚田、浮羽稲荷神社の赤い鳥居、白壁の街並みといった地元の四季の風景をあしらっ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集