メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うきは愛、マスクケースに 包装資材会社が製作・寄贈 桜並木や棚田、市内名所デザイン /福岡

うきは市の名所などがデザインされたマスクケースを手にする(左から)高木市長、母里社長、うきぴー

 美しい桜並木や棚田など、うきは市の名所をデザインしたマスクケースを、平野屋物産(大野城市)が製作し17日、4000枚をうきは市に寄贈した。一般販売は21日から始まる。

 同社は包装資材の製造・販売を手がけ、工場がうきは市にある縁で考案した。デザインは12種類。巨瀬川沿いの流川桜並木やつづら棚田、浮羽稲荷神社の赤い鳥居、白壁の街並みといった地元の四季の風景をあしらっ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです