メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

対中国で日豪結束 首脳会談、円滑化協定大枠合意 「準同盟化」安保整備進む

オーストラリアのモリソン首相(左)を「肘タッチ」で迎える菅義偉首相=首相官邸で2020年11月17日午後4時46分、竹内幹撮影

 菅義偉首相とオーストラリアのモリソン首相は17日の日豪首脳会談で、安全保障分野を中心に両国の連携を強化する方針を確認した。両国に共通するのは、周辺地域への進出を強める中国への懸念だ。両国の同盟国・米国が政権移行期を迎え、不安定な状況が続く中、日豪は「準同盟国」として結束を強めている。

 「日豪は特別な戦略的パートナーで、重要性は高まる一方だ」。菅首相は会談でモリソン氏に呼びかけ、「自由で開かれたインド太平洋」実現に向けた連携強化を図る方針を強調した。

 モリソン氏は日本にとって新型コロナウイルスの感染拡大後、初めて来日した外国首脳だ。菅首相にとって9月の政権発足後初めて日本で迎える首脳であるとともに、各国首脳の中で就任直後に最初に電話協議を行ったのもモリソン氏だ。菅政権は豪州重視の姿勢を際立たせている。背景にあるのは、両国がシーレーン(海上交通路)として重視する南シナ海や太平洋への進出を強める中国の存在だ。

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  3. 大相撲・九重部屋で親方ら5人新たに感染判明 全力士が休場中

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです