岐阜知事選 保守分裂へ 複数県議、新人擁立の意向

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う岐阜県知事選(2021年1月7日告示、同24日投開票)で、自民党県連に所属する複数の県議が、5選を目指して立候補を表明している古田肇氏(73)を支持せず、県出身で内閣府官房審議官の江崎禎英(よしひで)氏(55)を擁立する意向を固めた。県選出国会議員の大半は古田氏を支持しており、党県連内で支持が二分する「保守分裂」が避けられない情勢となった。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文757文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集