メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「一律5万円給付案」愛知・岡崎市議会が否決 10月初当選の市長選挙公約

市長選の公約に掲げた全市民に一律5万円を給付する補正予算案が否決された中根康浩・愛知県岡崎市長=岡崎市議会で18日

 愛知県岡崎市議会は18日の本会議で、10月の市長選で初当選した中根康浩市長が公約に掲げた、新型コロナウイルス対策として全市民に一律5万円を給付する補正予算案を賛成少数で否決した。給付案は、市の貯金に当たる基金を取り崩す内容で、市議会の主要会派が財政悪化を懸念して反対に回った。中根氏は否決後、事業を見直す考えを表明した。

 市長選では、告示直前に新人の中根氏が一律5万円給付を打ち出し、主要政党が推薦する現職を大差で破った経緯がある。同市では、実現性が不透明な公約を掲げる手法に疑問の声が上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです