メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフガンとイラクの駐留米軍削減を発表 ミラー米国防長官代行「トランプ大統領の指示」

米国旗

 ミラー米国防長官代行は17日、アフガニスタンとイラクの駐留米軍を2021年1月15日までにそれぞれ約2500人まで削減すると発表した。アフガンの米軍は半数近く減ることになる。アフガン政府と旧支配勢力タリバンの和平協議が停滞するなか、拙速な削減は内戦や治安の悪化を招きかねず、同盟国や米議会からは批判の声が上がっている。

 米軍は現在、アフガンに約4500人、イラクに約3000人が駐留している。ミラー氏は記者会見で「トランプ大統領の指示に基づき、米軍の継続的な再配置を実行する」と説明。「米軍は世界中の同盟国やパートナー国の支援を約束している。妨害する敵対勢力があれば、いつでも必要な能力を発揮することができる」と強調した。オブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は記者団に「トランプ氏は来年5月までに全員が帰還…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです