メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「保守派への検閲だ」共和党、トランプ氏のSNS投稿制限を批判 米上院委公聴会

 米上院司法委員会は17日、11月の米大統領選挙でのネット交流サービス(SNS)の投稿規制に関する公聴会を開き、米SNS大手のフェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)とツイッターのジャック・ドーシーCEOが証言した。共和党議員はトランプ大統領や支持者に対する投稿規制を「保守派への検閲」と批判。民主党議員は偽情報の拡散防止の徹底を要求するなど、批判はやまなかった。

 公聴会は、米保守系タブロイド紙ニューヨーク・ポストが10月に報じたバイデン前副大統領とウクライナ企業との関係を巡る疑惑に関し、ツイッター社が記事の転載を一時制限したことを契機に開かれた。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです