特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

成田・機内食工場 製造17分の1も「必ず生き残る」 CF返礼品やネット販売に活路

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
機内食の下ごしらえのため、野菜やチーズをカットする調理スタッフ=千葉県成田市で2020年11月9日午後2時40分、中村宰和撮影
機内食の下ごしらえのため、野菜やチーズをカットする調理スタッフ=千葉県成田市で2020年11月9日午後2時40分、中村宰和撮影

 新型コロナウイルスの影響で苦境に立つ航空機の機内食の製造工場「ゲートグルメジャパン」(千葉県成田市三里塚)が収益増に知恵を絞っている。製造する機内食の数は17分の1に激減した。弁当の製造販売に乗り出し、インターネット上で資金を募るクラウドファンディング(CF)で余剰になった機内食を送る。12月からは「機内食工場が作る豪華な各国料理」のネット販売も始める。同社は「必ず生き残って、収束後、旅客のためすぐに機内食を提供できる態勢を取る」と説明している。【中村宰和】

この記事は有料記事です。

残り1500文字(全文1732文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集