特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

特集一覧

選択的夫婦別姓に賛成7割 早大研究室など7000人調査 「早急に法改正を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見した棚村政行・早稲田大教授(前列左から4人目)や市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」のメンバーら=東京都新宿区で2020年11月18日、小國綾子撮影
記者会見した棚村政行・早稲田大教授(前列左から4人目)や市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」のメンバーら=東京都新宿区で2020年11月18日、小國綾子撮影

 「選択的夫婦別姓」に賛成の人が7割に上るとの調査結果を早稲田大の棚村政行教授(家族法)の研究室と市民グループ「選択的夫婦別姓・全国陳情アクション」が18日、明らかにした。

 記者会見した棚村教授らによると、インターネットを利用したモニター調査で20~50代の男女7000人を対象に実施された。

 質問項目は①自分は同姓がよい。他人も同姓であるべきだ②自分は同姓がよい。他の夫婦はどちらでも構わない③自分は別姓を選べるとよい。他の夫婦はどちらでも構わない④分からない――の4者択一。「自分は同姓を選ぶが、他の夫婦は自由に選べて構わない」という層が目に見えるよう、自他を区別した質問を設けた。

 その結果、選択的夫婦別姓に反対する、つまり①を選んだ人は14.4%。一方、賛成、つまり②と③を選んだ人は70.6%に上った。このうち③の「自分は別姓を選べるとよい」と答えた人は34.7%いた。若い世代や女性に限れば賛成は8割以上だった。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文938文字)

【Gender×JAPAN】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集