メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

両陛下、コロナ対応の医療従事者と懇談 訪問の代替、初のオンライン

オンラインで視察や懇談をされる天皇、皇后両陛下=赤坂御所で18日午後(宮内庁提供)

 天皇、皇后両陛下は18日、住まいの赤坂御所(東京都港区)でオンラインを通じて、日本赤十字社医療センター(渋谷区)と、北海道、福島、沖縄両県の赤十字病院で新型コロナウイルスへの対応にあたる医療従事者らと懇談された。通常、両陛下の外出には多数の宮内庁職員らが伴うため、感染防止の観点などから訪問は見送った。両陛下が訪問の代替手段としてオンラインを使うのは初めて。

 日赤によると、両陛下は各病院のスタッフら約20人とモニター越しに懇談した。一人一人に声をかけ、予定を上回る1時間40分に及んだ。陛下は「重症患者の管理はどのくらい大変ですか」「防護服を着る上で注意することはありますか」などと尋ねていたという。日赤は皇后雅子さまが名誉総裁を務めている。【和田武士】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです