メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

外出不足が長期化 高齢者「コロナ虚弱」の懸念

高齢者の「フレイル(虚弱)」対策を進める東京大の飯島勝矢教授=東京大提供

 なかなか終わりが見えない新型コロナウイルスの流行。お年寄りが感染を恐れて自宅に閉じこもりがちな暮らしが長く続くと、身体機能や認知機能が低下して要介護の一歩手前の「フレイル(虚弱)」と呼ばれる状態に陥る懸念がある。東京大高齢社会総合研究機構の調査で、本格的な流行前に比べると、高齢者が外出して体を動かしたり、人と触れ合ったりする機会が減っていることが明らかになってきた。機構長を務める飯島勝矢・東大教授は「この状態が続くと来年以降に『コロナフレイル』が顕在化する恐れがある」と指摘。「新たな生活様式に合わせた健康づくりを全国の自治体が責任を持って進めることが必要だ」と訴える。

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  3. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  4. 松竹新喜劇の渋谷天外さん新型コロナ感染 和歌山の病院に入院

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです