メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

自宅相続の減税、子は同居が条件?

回答者生活の窓口相談員(ファイナンシャルプランナー)平田純子

 Q 自宅相続の減税子は同居が条件?

 夫から相続した自宅に1人で住んでいます。私の死後、子供のうち1人に相続させたいと思っていますが、相続税減税に有効な小規模宅地の特例という制度は同居していないと使えませんか。(70代、女性)

ずっと賃貸暮らしでも適用

 A 「小規模宅地等の特例」は、相続した不動産にかかる相続税の減税効果が非常に大きい制度です。特に、被相続人の居住用に使用されていた宅地については、その相続税評価額を80%減にできるので、この特例の適用の有無によって負担すべき相続税が数百万~数千万円の単位で変わることも想定されます。また、相談者のように「生前から被相続人と同居していること」が条件と誤解している人も多いようですが、必ずしもそうではなく、同居でなくとも特例が適用となるケースがあります。

 同居していない場合でも、次の条件すべてを満たす相続人はこの特例が適用されます。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 刃物で襲いかかられ警察官が発砲・命中 横浜のマンション

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. DVから逃れたのに元夫が突然現れ…原因は「役所のミス」 被害女性の怒り

  5. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです