メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終活ナビ

自宅相続の減税、子は同居が条件?

回答者生活の窓口相談員(ファイナンシャルプランナー)平田純子

 Q 自宅相続の減税子は同居が条件?

 夫から相続した自宅に1人で住んでいます。私の死後、子供のうち1人に相続させたいと思っていますが、相続税減税に有効な小規模宅地の特例という制度は同居していないと使えませんか。(70代、女性)

ずっと賃貸暮らしでも適用

 A 「小規模宅地等の特例」は、相続した不動産にかかる相続税の減税効果が非常に大きい制度です。特に、被相続人の居住用に使用されていた宅地については、その相続税評価額を80%減にできるので、この特例の適用の有無によって負担すべき相続税が数百万~数千万円の単位で変わることも想定されます。また、相談者のように「生前から被相続人と同居していること」が条件と誤解している人も多いようですが、必ずしもそうではなく、同居でなくとも特例が適用となるケースがあります。

 同居していない場合でも、次の条件すべてを満たす相続人はこの特例が適用されます。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 新型コロナ 札幌・大阪市、GoTo停止 2知事、国に要請へ

  3. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 朝鮮戦争、米艇に乗船 機雷除去中の日本人死亡 外交史料館に文書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです