メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに570人が新型コロナ感染
恋ふらむ鳥は

/155 澤田瞳子 画 村田涼平

 大友(おおとも)氏は本貫(ほんがん)(本拠地)が畿外とはいえ、北陸道と畿内の結節点を支配する豊かな氏族。加えてもし近江に京が置かれれば、大友氏は飛鳥周辺に本貫を持つ蘇我(そが)氏や大伴(おおとも)氏、物部(もののべ)氏といった大豪族にも劣らぬ重要な一族と変わる。

 手輿(たごし)を担う男たちが身じろぎする都度、冷たい水飛沫(しぶき)が額田(ぬかた)の頰に飛ぶ。それを拭いもせぬまま、額田は屹立(きつりつ)する山嶺(さんれい)とはるばると広がる湖に挟まれた狭隘(きょうあい)な地に目を走らせた。

 つまりこの地への遷都は、伊賀(いがの)王子(みこ)の勢力を確固とするため。葛城(かつらぎ)は息子を自らの後継者に据える準備を、着々と進めているわけだ。そう考えれば、子(こ)麻呂(まろ)を近江に連れて行く役目が、額田に任されたのも納得が行く。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  2. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

  3. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  4. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  5. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです