メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恋ふらむ鳥は

/155 澤田瞳子 画 村田涼平

 大友(おおとも)氏は本貫(ほんがん)(本拠地)が畿外とはいえ、北陸道と畿内の結節点を支配する豊かな氏族。加えてもし近江に京が置かれれば、大友氏は飛鳥周辺に本貫を持つ蘇我(そが)氏や大伴(おおとも)氏、物部(もののべ)氏といった大豪族にも劣らぬ重要な一族と変わる。

 手輿(たごし)を担う男たちが身じろぎする都度、冷たい水飛沫(しぶき)が額田(ぬかた)の頰に飛ぶ。それを拭いもせぬまま、額田は屹立(きつりつ)する山嶺(さんれい)とはるばると広がる湖に挟まれた狭隘(きょうあい)な地に目を走らせた。

 つまりこの地への遷都は、伊賀(いがの)王子(みこ)の勢力を確固とするため。葛城(かつらぎ)は息子を自らの後継者に据える準備を、着々と進めているわけだ。そう考えれば、子(こ)麻呂(まろ)を近江に連れて行く役目が、額田に任されたのも納得が行く。

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1172文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 一転して医療崩壊の危機 集団免疫獲得とも取り上げられた都市で「第2波」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです