メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日出版文化賞の人々

/中 企画部門 池澤夏樹さん/人文・社会部門 苅谷剛彦さん

作家の池澤夏樹さん=河出書房新社提供

 ◆企画部門 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻 (河出書房新社)

現代作家の協力を得て 池澤夏樹さん

 ちょうど10年前、「全集は時代錯誤」との前評判を覆し、広く読者の支持を得た『池澤夏樹=個人編集 世界文学全集』(河出書房新社刊)で第64回毎日出版文化賞(企画部門)に輝いた。「同じシリーズで2回目の受賞はないと思っていたので驚いた。古典の現代語訳に参加してくれた作家の皆さんや、河出書房新社の編集者と共に受賞を喜びたい」と控えめに語った。

 「世界文学全集」の編集に関わっている最中、同社社長だった故若森繁男さんから「次は日本文学全集を」と言われた。「でも、最初は断った。僕は日本文学をあまり読まず、海外の文学ばかり読んできたから」。その後、東日本大震災が日本を襲った。被災地への訪問を重ねるうちに「どうして日本人はこんなに自然災害の多い国でずっと暮らしてきたのか」に思いをはせるようになった。

この記事は有料記事です。

残り1990文字(全文2391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです