メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

須川展也 バッハを吹く 新アルバム、華麗なサックス

須川展也 サックスに奏者=ヤマハ提供

 サクソフォン(サックス)は、1840年代に、ベルギーのアドルフ・サックスによって生み出された管楽器である。ソプラニッシモからサブコントラバスまで10種類以上あるが、現在よく目にするのはテナー、アルト、ソプラノとバリトンであろう。リードが木製なので木管楽器に分類されるが、本体は金属である。演奏法や音色など双方の特徴を持つ、ハイブリッドな“橋渡し”楽器とも言えよう。楽器が誕生して20世紀がやってきた。新しい楽器なので「専用のクラシック曲」が少ないまま、ポピュラーの時代へ移り変わった。これが、サックスの運命を決めることになる。サックスの主戦場は、誕生したばかりの「ジャズ」に移るのだ。それはジャンルの“橋渡し”と言えるだろう。

 日本のクラシックサックスの第一人者、須川展也も、子供時代にポピュラー界の人気テナー奏者、サム・テイラーの演奏を聴いて、その音色に引かれた。「むせび泣くムードテナー」と形容され、演歌的なフレージングはジャズファンからは敬遠されたが、刺激的なモダンジャズに追われて仕事が減ったスイング系の奏者は、かなりの数が「ムードテナー」に流れた。1960年代から70年代のことである。サックスは常に時代とともにある…

この記事は有料記事です。

残り956文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです