メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 マツタケ基準値超え キノコ6件1万ベクレル以上 南相馬 /福島

 南相馬市は、自家消費用食品の10月の放射能簡易分析結果をまとめた。市内9施設で415件を測定し、254件から放射性セシウムを検出した。うち基準値(一般食品、1キロ当たり100ベクレル)を超えたのは155件だった。キノコ狩りが最盛期を迎え、1万ベクレル以上のキノコが6件見つかり、最高は2万5878ベクレルのマツタケ(原町区横川)だった。

 摂取・出荷制限のある品目は233件を測定し、うち210件から放射性セシウムを検出した。基準値超は154件で、キノコはコウタケ(小高区金谷)の2万576ベクレル、サクラシメジ(原町区鶴谷)の4314ベクレル――なども検出された。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対応説明は? 菅首相、感染拡大でも記者会見開かず 野党「国民の不安高まる」

  2. 日本新薬、船曳のサヨナラ打で準決勝へ ホンダ熊本は敗退 都市対抗

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  5. totoにBリーグ追加 改正法案2日にも成立 単一試合や順位投票も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです