東日本大震災

福島第1原発事故 マツタケ基準値超え キノコ6件1万ベクレル以上 南相馬 /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 南相馬市は、自家消費用食品の10月の放射能簡易分析結果をまとめた。市内9施設で415件を測定し、254件から放射性セシウムを検出した。うち基準値(一般食品、1キロ当たり100ベクレル)を超えたのは155件だった。キノコ狩りが最盛期を迎え、1万ベクレル以上のキノコが6件見つかり、最高は2万5878ベクレルのマツタケ(原町区横川)だった。

 摂取・出荷制限のある品目は233件を測定し、うち210件から放射性セシウムを検出した。基準値超は154件で、キノコはコウタケ(小高区金谷)の2万576ベクレル、サクラシメジ(原町区鶴谷)の4314ベクレル――なども検出された。

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文431文字)

あわせて読みたい

注目の特集