七里駅の桜、1株移植へ 2株は伐採 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 土地区画整理事業によって伐採予定の東武アーバンパークライン七里駅(さいたま市見沼区)北側の桜3株について、市土地区画整理協会は1株を別の場所に移植し、2株を伐採する方針を示した。桜の保存を求める市民有志との意見交換会で明らかにした。同協会は「倒木の危険性がある」と説明している。

 協会は移植の可能性を検討するため、9月に東京都内の土木コンサルティング会社にソメイヨシノ3株の樹木診断を依頼。根株や幹などに腐…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集